絵本の読み聞かせはとても大切です。いい絵本を繰り返し読み聞かせるとより効果的です。絵本のおすすめが届く「絵本で共育」は、各地の幼稚園・保育園の先生方から支持されています。

メール
会員登録
読書塾など、最新情報を入手したい方は、メールアドレスをご登録ください。
メールアドレス:


こどもたちの現在が幸せである社会とは
「こども」と「おとな」が、ともに成長できる社会とは

科学はめざましく進歩しています。生活は便利になり、物質的には豊かになりました。
現在、我々は、たくさんの恩恵を科学から受け続けています。

しかし一方では、太古の昔から、親と子が、ともに育ち合うことで、我々の社会は発展してきました。

熊本こどものとも社では「こども」と「おとな」が、ともに成長を実感し合える社会こそ
が幸せな社会だと考えます。その幸せな社会をめざし、我々は、仕事をしたいと考えます。
 

2015年 熊本絵本講座

 日頃より格別のご支援とご理解を賜りまして誠にありがとうございます。
さて、このたび、熊本こどものとも社では、年明けに「2015年 熊本絵本講座」を開催する運びとなりました。今回、第一部では、広告、書籍、デジタルコンテンツなどの企画やアートディレクション、デザインなどで幅広く活躍中で、絵本では2014ボローニャ・ラガッツィ賞(国際児童図書賞)を受賞した『どっとこ どうぶつえん』などでお馴染みの、中村至男さんをお招きして、最新作「こどものとも」2015年9月号で刊行予定の『はかせの ふしぎなプール』などの製作エピソードを中心に語っていただく予定です。
 また、第二部では、福音館書店絵本研究室の上田さんをお招きして、子どもにとっての絵本の大切さをお話いただきます。
 お忙しい事とは存じますが、皆様お誘いの上、お気軽にお越し下さい。多くの先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

[ 第一部 ] 「新しいえほん」

  講 師:中村 至男(なかむら のりお)

講師プロフィール
1967年川崎市に生まれる。日本大学芸術学部卒業後、
㈱ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て、
1998年中村至男製作室を設立。
広告、書籍、デジタルコンテンツ、パッケージ、ゲーム、
おもちゃなどの企画やアートディレクション、
デザインなどの活動をしている。
代表作に、絵本『どっとこ どうぶつえん』(ボローニャ・ラガッツィ賞受賞)、PlayStation「I.Q」、NHKみんなのうた「テトペッテンソン」のアニメーションなど。

「こどものとも」2015年9月号『はかせの ふしぎなプール』刊行予定

[ 第二部 ] 「心を育む絵本の力」

  講 師:上田 紀人(うえだのりひと)

講師プロフィール
1947年 兵庫県生まれ。早稲田大学第二文学部卒。
福音館書店 絵本研究室に在籍
■上田より■
 絵本は子どもの成長にとってとても大切です。
 では、なぜ大切なのでしょうか?
 なぜ子どもに絵本を読んであげないといけないのでしょうか?
 また、良い絵本の選び方は?
 そして絵本はどうやって与えたらいいのでしょうか?
 など、絵本の基本的なお話をします。

■講演に登場する絵本■

開催日: 2015年1月10日(土)
会 場: 熊本市国際交流会館6・7階
住 所: 熊本市中央区花畑町4番18号
定 員: 230名
受講料: 1000円(3人目以降は無料)

■スケジュール■
13:00~14:00 受 付
14:00~15:30 第1部講演 中村 至男
15:30~16:00 休憩/中村至男サイン会
16:00~17:30 第2部講演 上田 紀人

当日は、お楽しみ抽選会を予定しております!お楽しみに。

■お申込み先
参加ご希望の方は、熊本こどものとも社 まで、参加申込書をFAXにてお申込いただくか、担当者にお渡し下さい。恐れ入りますが、定員に限りがございますので、先着順とし定員になり次第募集を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
申込書・会場案内はコチラ
※申込書、会場案内はコチラをご覧下さい。

■お問合せ先
熊本こどものとも社 TEL:096-380-4556 / FAX:096-380-3129